大学入学共通テスト始まる 全国の会場大きなトラブルなし

社会


大学入学共通テストの1日目が、14日朝から全国の会場で始まった。

これまでに大きなトラブルの報告はないという。

受験生「毎日、手洗い・うがいをして、極力『3密』を避けて、免役をしっかりつけるために睡眠をとりました」、「みんなも緊張しているから、最後は自分の力でやりきろうと思う」

今回の共通テストには、全国でおよそ51万人が志願していて、初日の14日は午前中、地理歴史・公民の試験が行われている。

新型コロナウイルスの感染対策として、大学入試センターは、38度以上の発熱や息苦しさ、強いだるさがある場合は、14日ではなく、追試験を受けるよう呼びかけている。

また、2022年は試験問題の流出事件があったことから、会場では、不正防止対策が強化されている。

試験中にスマートフォンやイヤホンなどを身につけていると、不正行為とみなされて、全科目の成績が無効になる場合があり、注意が呼びかけられている。

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース