ウクライナ全原発 人員配置へ IAEAが発表

国際・海外


IAEA(国際原子力機関)は13日、ウクライナのすべての原子力発電所に人員を配置すると発表した。

IAEAは、「ウクライナのすべての原発に専門家を常駐させ、事故防止の取り組みを強化する」としている。

グロッシ事務局長は、声明で「ウクライナ国民に、さらなる苦しみと破壊をもたらす深刻な核事故の危険を回避するために、できるかぎりのことをし続けなければならない」と述べている。

グロッシ氏は、来週にも首都キーウを訪れ、政府高官と協議する予定。

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース