日米首脳「同盟強化」確認 岸田首相“反撃能力”など説明

政治・外交


岸田首相は、アメリカ・ワシントンで、バイデン大統領と会談し、「反撃能力」の保有など日本の防衛力強化について説明し、日米同盟の抑止力と対処力を強化する方針を確認した。

バイデン大統領「あらためて明言する。アメリカは日米同盟に完全にコミット(関与)している」

岸田首相「価値観を共有する日米の役割は、ますます大きくなってきている」

ホワイトハウスで行われた会談で、岸田首相は、敵のミサイル基地などを攻撃する「反撃能力」の保有や、防衛費の増額などを決めたことを説明し、バイデン大統領は、全面的に支持した。

そして両首脳は、日米同盟の抑止力・対処力をさらに強化する方針を確認した。

また、「力による一方的な現状変更の試みを許してはならない」として、中国をめぐる問題で、日米が緊密に連携することで一致した。

岸田首相「バイデン大統領との間の個人的な信頼関係もいっそう深めることができた」

会談後、岸田首相は「日米同盟のいっそうの連携を強く確認できた手応えを感じている」と述べた。

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース