豆にこだわった“スペシャルティコーヒー” 「多くの人に魅力伝えたい」オープンに密着【三重発】

地域 旅と暮らし

2022年10月、三重県四日市市にオープンしたカフェ「tsukuroi(ツクロイ)」は、豆にこだわった「スペシャルティコーヒー」という質の高いコーヒーとスイーツを楽しめる店だ。

これまで鈴鹿市でスペシャルティコーヒーの店を営んできた夫婦が、その素晴らしさを広めたいと“姉妹店”としてオープンさせた。

安全で質の高い「スペシャリティコーヒー」


三重県鈴鹿市で2018年に営業を始めた「coffee uno(コーヒー ウノ)」。


店主の樋口晶生さんと、妻の晴加さんの夫婦が営んでいる。



女性客A:
今まで飲んでいたのは苦かったりとか…、別物に感じますね

男性客A:
なんならもともとコーヒーちょっと苦手やったんですけど、香りとかを楽しむものなんやなっていうのをここで知りました

世界各地の豆を使い、自家焙煎したコーヒーを飲むことができる。


樋口さん一番のこだわりが、“スペシャルティコーヒー”だ。


樋口晶生さん:
豆の特徴、農園の特徴っていうのがしっかり出ていて、わかるような豆ですね。いろんなお客さんにスペシャルティコーヒーを楽しんでもらいたい

スペシャルティコーヒーとは、豆の管理が徹底され、味や香りなどの基準を満たした質の高いコーヒー。


生産者がわかるため安全性が高く、その農園で採れた豆だけを使用していることから、雑味が少なく風味がいいとされている。

2店舗目ではコーヒー豆を使ったスイーツも


樋口さんは、まだまだ知られていないこのスペシャルティコーヒーを広めようと、四日市市に姉妹店のオープンを進めていた。今回は、“スイーツ”も提供するカフェだ。


樋口晶生さん:
新しくできる店の方では、ブレンドすることによっていろんなことができるので

樋口晴加さん:
コーヒーとスイーツのお店。うちのコーヒーを使ったコーヒーのシュークリームとかやりたいなって

樋口晶生さん:
ちゃんと経験のあるパティシエのスタッフも入れて、しっかりケーキ屋さんとしても恥ずかしくないようなものを提供していきたい

専属のパティシエに依頼し、“スペシャルティコーヒー”を引き立たせるためのメニューをだすことにしていた。


パティシエの川邊渚さん:
コーヒーに合うように配合を変えたりとか、程よい甘さのデザートを作れるように。お砂糖の配合を少なくしたりとか、他のものでコクを出したりとか

パティシエの川邊さん。砂糖に頼らず、素材の味を活かした甘さを引き出す工夫していた。


そのメニューが季節の果物をたっぷりと使ったフレッシュなタルト。ラ・フランスを贅沢に使っている。


他にも、チョコレートをたっぷり使ったチョコチャンククッキーや、焦がしバターの風味が楽しめるフィナンシェなどの焼き菓子に、“この店ならでは”のメニューもある。


川邊渚さん:
コーヒーを使ってデザートに取り入れていきたい

コーヒー豆を使ったスイーツ。「コーヒーエクレア」だ。


焙煎した豆を漬け込み、コーヒーの香りや味をうつした自家製の生クリームを使った。


川邊渚さん:
深煎りの豆なので、コクが出て苦みとマッチする感じ。コーヒーを飲んで、コーヒークリームを「こんなに香りが立つんだ」っていうのを実感してほしいです

オープン3日前、樋口さん夫婦を交えて初めての試食会。


樋口晴加さん:
おいしい!でも、もっとコーヒー(風味に)やな

樋口晶生さん:
ちょっと漬け込み時間を延ばす?

川邊渚さん:
今やってる配合じゃなくて、プラス5グラムして…

スイーツ単体でのおいしさは文句なし。ただ、“コーヒー感”をもっと前面に押し出したいと要望した。

川邊渚さん:
もっと濃いコーヒークリームに仕上げるために、少し追加しました

豆を追加し、コーヒーの風味をより強くした生クリームを作ることにした。

「エスプレッソマシンが届かない」「給湯器が壊れる」…トラブル続発


オープン3日前、トラブルが発生していた。

樋口晴加さん:
やばいな…。エスプレッソマシンない、お湯出ない

樋口晶生さん:
お湯は間に合うかと思ったけどな…無理やな


樋口晴加さん:
ここにマシンが入るんですよ、エスプレッソマシンが。もう完全にこれは届かないんで…

海外からの輸入コンテナの遅れで、エスプレッソマシンが届いていない。


さらに…。

樋口晴加さん:
あーちゃん、早よ直しやアレ(給湯器)

樋口晶生さん:
直せへんかもコレ。そもそもこれ(コンセントの形状)が違う?

コーヒー作りに欠かせない給湯器が使えない。


慌てて部品を調達しに向かったが、間に合うのか。

樋口晴加さん:
もうお互い「ヤバイ、ヤバイ…」ずっとヤバイしか言ってないです

自慢のメニューが並びオープン当日迎えるも給湯器は


そして迎えた姉妹店オープンの日。店名は「tsukuroi」(ツクロイ)」にした。


開店を前にショーケースには、生クリームを使った濃厚な「コーヒーのブラマンジェ」(380円)や…。


自家焙煎したコーヒーを使った「ティラミス」(500円)が並べられた。


改良し豆の風味をさらに強くした、あの「コーヒーエクレア」(380円)も無事完成していた。


そして、コーヒーにもさらなるこだわりがあった。鈴鹿の店では1つの農園の豆だけを使ったコーヒーを提供していたが、新店では複数の農園の豆をあえてブレンド。


ミックスすることでより飲みやすくなり、パンやスイーツとの相性もバツグンになるという。


給湯器の部品は、間に合ったのか。

樋口晶生さん:
沸かないです。象印のやつ買ってきて、それでお湯を沸かしながらやります


部品は間に合わなかったため、当面は電気ケトルで対応することにした。

エクレアも狙い通りの反応…コーヒーもスイーツも好評


午前11時にオープンすると早速、客が訪れた。


女性客B:
フラットホワイトって…

店員:
今日はまだマシンが届いていないので、 今日はハンドドリップのみのコーヒーになります。申し訳ありません…

エスプレッソマシンが間に合わず、ハンドドリップで作れるコーヒーのみの提供に。


それでも、スペシャルティコーヒーの味に変わりはない。初めて飲んだという客に感想を聞いた。

女性客C:
おいしいです。みんなに口受けがいいように作られていると思うので、すごくおいしかったのでまたゆっくり飲みたいと思います

鈴鹿店の常連や、噂を聞きつけた近所の人たちなど、次々と客がやってきた。

樋口晶生さん:
真ん中ぐらいのブレンドなんで、そんな苦みは出してなくて

女性客D:
その方がありがたい、苦いのはどうも苦手みたい

樋口晶生さん:
そうなんですね、じゃあちょうどいいかもしれないです。もっとフルーティーなのがよければ、もっと浅煎りのやつもあるので…。お待たせしました

女性客E:
近所なんです。今日オープンだからと思って、ちょっと楽しみにして

新店のウリである「スイーツ」を食べた客に、コーヒーとの相性も聞いた。


女性客F:
おいしい、合います。すごくおいしいです。ティラミスが濃厚やから、浅煎りですごくサッパリして合う

そして、改良したコーヒーエクレア。豆の風味を強く押し出したが…。

男性客B:
コーヒーの(味)、そんなにエクレアも甘すぎないので、コーヒーとよく合う

狙い通り、名物メニューになりそうだ。

給湯器やエスプレッソマシンなど想定外の事態もあったが、その後も続々と客が訪れ、無事に初日の営業を終えることができた。


スタッフ:
1日通してどうでしたか?

樋口晴加さん:
疲れました!

樋口晶生さん:
グランドオープンって言っているんですけど、プレオープンに近い感じなので…

樋口晴加さん:
いい機会やったな。練習ができたみたいな感じで、週末に向けて頭の中整理して挑みたいなと思います

トラブルも2人にとってはいい経験に。新店オープンをきっかけに、コーヒー愛がさらに深まったようだ。


樋口晶生さん:
スイーツとのペアリングだったりとか、いろんなコーヒーの可能性というか…を広げたくて。最終目標としてはスペシャルティコーヒーの魅力を伝えたい。入りは何でもいいので、いろんなお客さんにスペシャルティコーヒーを楽しんでもらいたい

2022年11月9日放送
(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース