中国「ゼロコロナ政策」事実上終了 入国時の隔離措置など“撤廃” も急激な政策転換で国内は“混乱”【大阪発】


ゼロコロナ政策が事実上、終了した中国。8日から空港では、海外から入国する際の隔離措置が撤廃されました。しかし、この急激な政策転換によって、中国国内では混乱も起きている。

 

リポートする森雅章 関西テレビ上海支局長

8日、上海市内の空港。

森雅章 関西テレビ上海支局長:
国際線の到着ロビーですが、きょうから強制隔離がないということで、到着者にすぐ会えるということで、こんなにたくさんの人が待っています

 

8日から、海外から中国に入る際の隔離措置が撤廃されたことで、到着ロビーで、再会を喜び合う人々の姿が見られるようになった。 

入国した日本人からも…

中国へ入国した日本人男性:
ビックリしました。本当にビックリしました!本当にスムーズに出てこれました

中国へ入国した日本人女性:
前回来たとき(去年10月)は、厳しかったので、今回、隔離がないということで、うれしくて安心

対策の緩和を歓迎する声がある一方で、感染が広がっているとみられる上海市内では… 

中国入国後に新型コロナに感染した日本人:

会社で出社している人たちも1回感染した人が多いので、気が緩み、マスクを着けていない人も多くいる

3年ぶりに上海に出張したこちらの男性は、昨年末の隔離期間を経て、1月3日に初出社したところ、翌日に発熱し、その後、新型コロナの感染が確認されました。 

中国入国後に新型コロナに感染した日本人:

まさか初日にかかると思わず驚いた。今の状況は、上海市内の方が感染(拡大)しているので、外に出た途端にこの状況(感染)なので、怖い

その上海市内では、こんな動きが・・・ 

森 関西テレビ上海支局長:
街にありました、PCR検査スポットが作業車によって撤去されようとしています

 

 

日常化していた検査場は、1時間余りで撤去されました。

こうした急激な変化の影響からか、ウイルス検査用品の製造工場では、大規模な人員削減や未払い賃金をめぐり、労働者による抗議活動が起きた。

 香港メディアなどによると、抗議活動には、およそ2万人が参加したとされ、SNS上の動画では、当局に物を投げつける様子などが見られた。

 急激に対策を変えた中国の混乱は、しばらく続きそうだ。

(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース