割引率20%で「全国旅行支援」再開 自治体ごとの“上乗せキャンペーン”に“クーポン配布”も 【大阪発】

旅と暮らし

 観光促進のための「全国旅行支援」が10日から再開された。前回よりも割引率は少し下がるが、冬の観光の起爆剤となるのか。


「全国旅行支援」が再開 割引率は去年の40%→20%に

3連休が明けた大阪の街。

旅行者たち:
北九州からです、ここを回って昼過ぎ3時からユニバ、ユニバーサルスタジオに行きたくて来ました


国内旅行者の姿も見られる中、これから旅行をする人に、朗報が。
年末年始に中断していた「全国旅行支援」が1月10日から再開された。

今回は割引率が去年の「40%」から「20%」と半分に引き下げられたが…「ワクチンの接種証明」や「陰性証明」を提示すれば、交通費と宿泊代セットで1泊最大5,000円、宿泊代だけでも最大3,000円の割り引きが受けられる。また、飲食店やお土産などに使えるクーポン券ももらえる。


期間は「都道府県ごとの予算がなくなるまで」とされているが、春休みなどの年度末前後までは継続できる見通しだ。


(Q.きょう(10日)から始まるってご存知ですか?)
旅行者たち:
あんまり知らないです。(今回は)使ってないです、時期的に発表された時には予約を取り終わってたので


ホテルも準備万端!さまざまなキャンペーンで問い合わせ多数

利用している人はまだ少ないようだが、この機会に客を逃すまいとホテルも準備万端だ。
ホテルニューオータニ大阪ではたとえば、大阪城が望める1泊28,000円からのジュニアスイートも、3,000円安く泊まることができる。


ホテルでは、「全国旅行支援」に合わせて部屋での特製ディナーを用意。
さらに、スイーツバイキングにも利用できる食事クーポンまでついた特別プランとなっている。

(※1日10室限定販売、1月5日~販売分)


ホテルニューオータニ大阪営業推進課・濱川未来主任:
現状で、すでに400室を超えるご予約をいただいているんですけれども、利用の数も増えるんじゃないかなということで期待しております


 一方、自治体も独自のキャンペーンを打ち出し、大阪府では1月25日から、「大阪来てな!キャンペーン」として平日に3000円分のクーポン券を上乗せした。


奈良県では、割り引き率を30%上乗せするほか、滋賀県でも2000円分のクーポンを独自につけるなどお得な”オプション”を設けている。


冬の閑散期の需要を盛り上げようと再開された「全国旅行支援」。コロナ禍で冷え切った観光を再燃できるか期待は高まっている。


(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース