大学入学共通テスト 1日目が終了 警備や不正防止策を強化

社会 暮らし


2日間の日程で行われる大学入学共通テストの1日目が終了した。

共通テストの1日目が14日、全国679の試験会場で行われた。

名古屋と大阪、広島の試験会場では、本来より早くチャイムが鳴るなどし、試験時間が短くなったため、希望者は再試験の対象になる。

また、山口の会場では火災報知器が鳴り、試験が30分遅れたほか、英語のリスニングでは、機器の不具合などで全国で41人が「再開テスト」を受けたが、ほかに大きなトラブルはなかった。

2022年は、受験生らが襲われたり、試験問題の流出があったことから、警備や不正防止策が強化されている。

(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 子育て 山口県 広島県 大阪府 愛知県