岸田首相「外交当局の努力継続を」 “元徴用工”問題 韓国政府が解決案

政治・外交


岸田首相は日本時間15日未明、訪問先のアメリカで会見し、日韓の懸案、いわゆる元徴用工問題について、「外交当局などが今努力をしている。この努力を続けてもらいたい」と述べ、韓国側が早期解決を図ることに期待感を表明した。

岸田首相「外交当局等が今、努力をしているということです。ぜひこの努力を続けてもらいたい」

元徴用工問題で韓国政府は、日本企業に代わって韓国の財団が賠償金を支払う解決案を示している。

岸田首相は、解決案の評価は避けたうえで、「日韓関係を健全な形に戻し、さらに発展させていくため、韓国政府と緊密に意思疎通を図っていきたい」と述べた。

また、防衛費の増額に向けた増税を含む財源確保について、「野党との活発な国会論戦を通じて、国民への説明を徹底していきたい」と述べ、23日に召集される通常国会で説明する考えを示した。

会見を終えた岸田首相は15日、政府専用機で帰国の途に就いた。

(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース