ミサイルが集合住宅直撃 20人死亡 厳冬の中 電力不足 暖房止まる ウクライナ

国際・海外


ウクライナ各地で14日、ロシア軍による砲撃が相次ぎ、東部ドニプロでは、ミサイルが集合住宅を直撃し、これまでに20人が死亡した。

東部ドニプロでは、集合住宅にロシアのミサイルが直撃し、少なくとも20人が死亡し、70人以上が負傷したという。

首都キーウなどでは、砲撃により、停電が発生した。

こうした中、FNNは、真冬の最中に電力不足に陥る西部リビウを取材した。

リビウでは、計画停電が続いていて、大通りでは信号機が停止している。

リビウでは地域ごとに、1日4時間ほど、計画停電が行われている。

発電機がない店舗は、日中も暗く、カード決済もできないなど、市民は不便に耐えて生活を続けている。

市民女性「不満を言っているわけにはいかない。わたしたちは順応している。ウクライナがより良くなるため、できるかぎり頑張る」

また、戦闘が続く東部から避難してきた人ら、1,000人以上が仮設住宅での暮らしを強いられている。

厳しい寒さの中、停電で暖房が止まる時間もあり、避難してきた女性は「早く戦争が終わって戻りたい」と話していた。

(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース