機体大きく傾き“ごう音”... ネパールで72人搭乗の旅客機墜落 約40人死亡

国際・海外


ネパールの観光都市ポカラ付近で、乗客乗員72人を乗せた旅客機が墜落し、少なくとも、およそ40人の死亡が確認された。

飛行機が上空で左に大きく傾き、その後、ごう音が響き渡る。

地元メディアによると、15日午前、ネパールの首都カトマンズを出発し、西におよそ200km離れたポカラに向かっていた旅客機が、ポカラの空港に着陸する手前で墜落した。

飛行機には、乗客乗員あわせて72人が乗っていて、これまでに、およそ40人の死亡が確認された。

乗客のうち、10人以上が外国人だということだが、日本人が含まれているという情報はない。

(FNNプライムオンライン1月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース