看板犬は“元保護犬” 傷ついた柴犬が笑顔を取り戻すまでの5年間【福井発】

暮らし

人におびえ心を開かなかった保護犬が、5年間の歳月をかけて家族になった。そんな柴犬が福井市内にいる。
家族の愛情と1匹の柴犬との出会い。保護犬が人に心を許すまでの5年間と、その表情の変化を追った。

「助けてあげたい」傷ついた保護犬と家族に

福井市内の美容院で看板犬として人気を集めるのは、柴犬の華ちゃん(推定8歳)と空(くう)ちゃん(5歳)だ。


普段は隣接する家にいるが、犬好きなお客さんが来たときは、お店に顔を出してあいさつする。
常連さんともなると猛ダッシュで店内に入ってくる。常連さんからはチーズのプレゼントがあることも。このチーズがお目当てなのかも?

常連さんからチーズをもらう華ちゃんと空ちゃん
常連さんからチーズをもらう華ちゃんと空ちゃん

今では人懐っこい華ちゃんだが、元々は保健所に保護されていた。5年前、福井・大野市で地域の人が、さまよい歩く華ちゃんを見つけた。今の飼い主の高畑さんはSNSで偶然、このことを知った。

人懐っこい華ちゃんは元・保護犬だったという
人懐っこい華ちゃんは元・保護犬だったという

以前から柴犬を飼いたいと思っていた高畑さん。その後、迷子犬として保健所に連れていかれたとの情報を聞いた。「助けてあげたい」すぐに保健所に電話し、家族として迎え入れることを決めた。

「助けてあげたい」の一心で華ちゃんを迎え入れることを決めた高畑さん
「助けてあげたい」の一心で華ちゃんを迎え入れることを決めた高畑さん

なぜ華ちゃんが集落をさまよっていたのかは分からない。ただ発見当時、華ちゃんの後ろ足は骨折していた。保健所は「車窓から投げ捨てられ骨折したのでは」と推察する。

発見時、華ちゃんの後ろ足は骨折していた
発見時、華ちゃんの後ろ足は骨折していた

飼い始めてからも数々の異変に気付いた。体格の大きい男性と、傘を極端に恐れるのだ。雷など大きな音にも敏感に反応する。食事はとらない、散歩もしない。人を信用せず、心の距離を縮めるのは困難を極めた。

新たな家族…今では笑顔あふれる日々に

そこで高畑さんはもう1匹の犬を迎え入れることにした。華ちゃんが来てから3カ月後、友人から柴犬をもらい受けた。それが空ちゃんだ。

新しく迎え入れられた空ちゃん
新しく迎え入れられた空ちゃん

人懐っこい空ちゃんはすぐに家族になじんだ。それを見ていた華ちゃんの行動は少しずつ変化を始めた。空ちゃんのまねをして、高畑さんと触れ合うようになったのだ。

空ちゃんの毛繕いをする華ちゃん
空ちゃんの毛繕いをする華ちゃん

4年間という歳月が必要だったが、2022年夏ごろから華ちゃんは自分の意志で楽しそうに走りだすまでになった。
華ちゃんはまだ、初対面の人には警戒するしぐさを見せる。ただ数回顔を会わせると、心を許すまで人を信用できるようになったという。


高畑さんが休みの日、華ちゃんは家族と一緒に車に乗って外出したり、山登りをしたりする。もちろん隣にはいつも空ちゃんがいる。その表情は5年前とは違って生き生きと明るい。


家族、空ちゃん、地域の常連客などからたくさんの愛情をもらい、新しい人生を踏み出している華ちゃんだった。

(福井テレビ)

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース