護衛艦「いなづま」造船所沖に きょうから修理や事故調査へ

社会


山口・周防大島沖の瀬戸内海で、自力航行ができなくなっていた海上自衛隊の護衛艦がえい航され、15日夕方、広島・尾道市の沖合に到着した。

海上自衛隊呉基地所属の護衛艦「いなづま」は、15日夕方、停泊地となっている尾道市因島の造船所沖合に到着した。

護衛艦「いなづま」は、1月10日、山口・周防大島沖で浅瀬に乗り上げ、スクリューの一部が脱落、自力航行ができなくなり、現場海域に停泊を続けていたもの。

海上自衛隊は、油の流出がないことを確認したとして、15日午前8時前にえい航を開始、5日ぶりに船が動いた。

護衛艦は16日にドックに入り、修理や事故調査などが行われる見通し。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース