【速報】六本木3丁目で爆発火災 スプレー缶に穴あけガス抜き中に引火か 3人ケガ 東京・港区

社会

速報です。東京・港区の六本木のビルで爆発火災があり、現在も消火活動が行われています。

午前10時45分ごろ港区六本木3丁目のビルで、目撃者から「窓が割れて火が出ている」と119番通報がありました。警視庁によりますと7階建てのビルの2階の部屋から火が出ました。

火事が起きた現場(午前11時すぎ 東京・六本木)
火事が起きた現場(午前11時すぎ 東京・六本木)



不動産会社の従業員がスプレー缶に穴を開けてガスを抜く作業をしていたところ、何らかの原因で引火し爆発したとみられています。スプレー缶を潰す際に、火花が出たとの情報もあるということです。

この火事で、ガス抜きの作業をしていた40代から50代くらいの男性2人が、ヤケドをしたということです。軽症とみられています。また、ビルの管理人の男性(70代)が、割れたガラスが頭に当たり軽傷を負いました。東京消防庁はポンプ車など20台以上を出動させ消火活動を続けています。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース