大規模ミサイル攻撃 30人死亡 ウクライナ東部 34人が安否不明

国際・海外


ロシアからウクライナ各地に大規模な攻撃があり、東部ドニプロの集合住宅への攻撃では、死者は30人にのぼった。

いまだに30人以上が安否不明で、死傷者は、さらに増える見通し。

14日、東部ドニプロの集合住宅に対する攻撃では、これまでに15歳の少女を含む30人が死亡、75人のけがが確認された。

救助活動が続いているが、いまだに34人が安否不明で、死傷者はさらに増える見通し。

16日からは、ウクライナに隣接するベラルーシとロシアの合同演習が行われる予定で、今後ベラルーシからの攻撃がないか、ウクライナが警戒を強めている。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース