キーウで毎日停電...暮らしは ゼレンスキー大統領「最も深刻」

国際・海外


ロシアによるウクライナ各地への大規模攻撃では、エネルギー施設が大きな被害を受けている。

「最も深刻」とされる首都キーウで、日々電力不足と戦う市民を取材した。

キーウでは、2022年10月以降、毎日停電が発生していて、地域によっては、1日6時間ほど計画停電が行われている。

車のバッテリーでは電力が足りず、停電中は、冷蔵庫などの家電が使えなくなるという。

キーウ市民「離乳食用ミキサーが使えないし、(停電中は)子どもの世話が大変。停電でネットがつながらないと、ニュースがチェックできず本当に困る」

こちらの家では、シェルターが遠いため、空襲警報が出ても避難せず、窓には、ガラスの破片が飛び散らないようにテープを貼り、昼夜問わずカーテンをしている。

また、5日ごとに断水するため、水の備蓄をするなど、対策をしながら生活している。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース