【速報】水道橋博士氏 参院議員を辞職 うつ病で療養中 去年初当選

政治・外交


うつ病で療養中のれいわ新選組の水道橋博士参院議員が、議員辞職願を提出して、16日午前、受理された。

れいわ新選組・山本太郎代表「れいわ新選組の参院議員、水道橋博士が本日、議員辞職しました。本日の午前9時半に、参院議長宛てに辞職届が出されました」

れいわ新選組の山本太郎代表が、午前10時に緊急会見を開き、水道橋博士参院議員が議員辞職願を参議院議長宛てに提出し、受理されたことを明らかにした。

水道橋博士議員は、2022年の参院選で初当選したが、うつ病と診断され、議員活動の休止を2022年11月に発表していた。

山本代表は、「議員活動ができないことへの焦りが強まっていた」と辞職の理由について説明した。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース