“れいわローテ”に「違和感」など異論 水道橋博士議員の残り任期めぐり

政治・外交


れいわ新選組の山本代表は16日、同党の水道橋博士参議院議員の辞職に伴い、水道橋氏の残りの任期を5人が交代で務めると発表したことに、「違和感がある」などと異論が出ている。

れいわ新選組の山本代表は、水道橋氏の16日の記者会見で、議員辞職した水道橋氏の残り5年半ほどの任期を、5人の議員が1年ごとに務める方針を示した。山本代表は「れいわローテーション」と名付けて、前回の参院選の比例で得票数が多かった順に大島九州男氏をはじめとして、1年ごとに議員辞職し、順に繰り上げて参院議員を務めるという。

これに対し、立憲民主党の安住国対委員長は「制度上は認められるのかもしれない」とした一方で「国民から認められるものなのかどうか、参議院でよく議論したほうが良い」と懸念を示した。その上で、安住氏は「私個人としては違和感はある。れいわの皆さんからお話を聞きたい」と述べた。

また、野党幹部からは「話題を作りたいだけだ」と冷ややかな声も出ている。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース