すかいらーくが「そば店」開業 ファミレスが挑戦のわけは?

経済・ビジネス


新型コロナの影響で、厳しい状況が続く外食産業。

そんな中、すかいらーくが新たな挑戦。

店が独自に作り上げた、のど越しのいい自慢のそば。

だしには、利尻昆布と本枯節を使用している。

たっぷりの九条ネギとやわらかい肉が温かいそばに合う、寒い日にはうれしいメニュー。

こちらのそば店、店内は、どことなくファミリーレストランの雰囲気。

それもそのはず、この店を手がけたのは、ファミレス大手のすかいらーく。

今週、1号店がオープンする、新たな業態。

この日は、オープンに向け、店の仕上げとスタッフの研修が急ピッチで行われていた。

扱うメニューは、ほぼすべて店内で作られる。

見た目はファミレスだが、ファミレスにはあるはずのドリンクバーはない。

代わりにあるのが、その名も「そば湯バー」。

また、メニューの中に、デザートはない。

料理の数も、ガストがおよそ100種類あるのに対し、この店はおよそ60種類に絞っている。

なぜ今、このそば店をオープンさせるのだろうか。

すかいらーくHD マーケティング本部・織田金司さん「コロナ禍で、大人数での食事が制限されて、お一人さまでも外食していただける、2人・3人で来ていただける、そういう店を目指して、一から開発しました」

ファミレスは現在、家族やグループでさまざまなメニューを楽しむスタイルから、少人数でこだわりのメニューを食べるスタイルが中心になりつつある。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース