「迷いクジラ」死骸 川岸に漂着 ガス発生による爆発おそれも

社会


迷いクジラ“よどちゃん”の死が確認されてから、3日。

16日、死骸が川岸に漂着した。

付近には、周辺の住民らが集まっていた。

見物客「子どもがクジラめっちゃ好きで、生きてる時にも見に来たけど、ちょっと遠かった。めっちゃデカい。かわいそうなんですけど」

9日、大阪湾の淀川河口付近に迷い込んでいるのが見つかった、体長推定15メートルの「マッコウクジラ」。

勢いよく潮を吹く様子が見られ、“よどちゃん”という名前もついたが、13日になり、死んでいるのが確認された。

クジラの死骸は、海側から吹く強い風におよそ1.5km流され、川岸に漂着した。

見物人「すぐそこに、よどちゃんがいると聞いて来た。写真で見るよりデカい。生きている姿が見たかった」

大阪市は、ガスの発生による爆発を警戒し、川岸にバリケードを設置。

今後の処分方法については、引き揚げて解体・埋設など、さまざまな選択肢を挙げて協議しているとしている。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府