護衛艦「いなづま」 造船所に到着 事故原因調査へ

社会


1月10日、山口県の周防大島沖で浅瀬に乗り上げた、海上自衛隊呉基地所属の護衛艦「いなづま」は、16日午後2時ごろにえい航が再開され、その後、因島の造船所に着岸した。

着岸した船体からは橋が架けられ、乗組員が作業する姿が見られた。

造船所に入った船体は17日以降、ドックに移され、事故原因の調査などが行われる予定。

(FNNプライムオンライン1月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 山口県