余った食材で作る「アルモンデ」値上げラッシュで注目 どんぶりにギョーザ…街で聞いた調理法 余りがちな葉野菜も活用!

暮らし

野菜やキノコをたっぷり使った栄養満点の「どんぶり」に、ギョーザの皮を使ったかわいらしい「ピザ」。
実はこれらは、“アルモンデ”と呼ばれる料理。



新たに食材を買わずに、その日あるもので工夫して作る料理。人呼んで“アルモンデ”。料理SNSの「スナップディッシュ」でも、“アルモンデ”の投稿が急増している。


スナップディッシュ広報担当 落井麻紀さん:
値上げの影響もありまして、投稿数は2022年の1年でそれまでの4倍以上に増えています。

そこで、「値上げラッシュで注目度アップ!“アルモンデ”の魅力」をココ調する。

街で聞いた!自宅食材でアルモンデ

早速、街で調査開始。「どんなアルモンデを作っているか」を聞いてみた。


街頭インタビュー:
鶏肉がないときにツナ缶で親子丼を作ります。卵とタマネギは常備してあることが多いから楽ちんです。


街頭インタビュー:
豆腐をすりつぶして生卵を入れて混ぜてレンチンするだけ。お好み焼きみたいな感じで、トッピングしたらヘルシーなお好み焼きになるので、もうアルモンデ。


街頭インタビュー:
ギョーザの皮で作るピザ。その時あるもので、ウインナーとかベーコンでもいろいろのせてやりますね。


街頭インタビュー:
この前、レンコン団子を作った。レンコンをミキサーにかけて、片栗粉と合わせて焼く。めんつゆを水溶き片栗粉でとろみをつけて、かけて食べる。

余りがちな食材は何?調理法と共にTOP3紹介

アルモンデの魅力で多く聞かれたのが、「余った食材を整理できる」という意見。


では、どんな食材がよく余るのか?
街で聞いた、余りがちな食材トップ3!(ココ調 都内60人アンケート)


余りがちな食材、3位は「キャベツ」


キャベツを使った“アルモンデ”が「キャベツシューマイ」。皮の代わりに、千切りにしたキャベツを使ったアイデアレシピだ。


余りがちな食材の第2位は、1本で安いと思って買って残っちゃう「ダイコン」


そのダイコンを使った“アルモンデ”が、薄切りにしたダイコンをギョーザの皮に見立てた「ダイコンギョーザ」


そのお味は?

德田聡一朗 アナウンサー:
お!さっぱりしています。ダイコンの触感がシャキシャキしていて、その中からジューシーな肉汁が出てきて相性抜群。これ好きかも。


余りがちな食材の第1位は、鍋にした時に残りがちな「ハクサイ」


こちらの“アルモンデ”は、ご飯の代わりにハクサイを使った「ハクサイのり巻き」


さらに、キャベツの代わりにハクサイを使った「ロールハクサイ」も!


德田聡一朗 アナウンサー:
ハクサイがかなり肉厚で、歯ごたえがしっかりしています。ロールキャベツ大好きなんですけど、このロールハクサイは知らなかった。こんなにおいしいんですね。

時間の節約・食材を無駄にしない・料理を楽しめる“一石三鳥”

SNSにも数多く投稿されているのが、「アルモンデのお弁当」だ。


福岡県に住む新婚の愛可さんも、ご主人や自分のために、よくアルモンデ弁当を作っているという。


アルモンデ弁当を作る愛可さん:
冷蔵庫を朝見て、これ余っているな。これとこれで何とか作れるな、みたいな感じ。


そのお弁当を見てみると…。
卵は、目玉焼き、スクランブルエッグ、卵焼きに。
ほうれん草は、中華だれあえ、おひたし、ナムル。
同じ料理にならないよう、工夫されている。


ご自宅の冷蔵庫を撮影してもらうと、「週末に食材をまとめ買いすることもあり、結構パンパンです」と、冷蔵庫の中は野菜や卵などがぎっしり。


さらに冷凍庫には、使いかけの魚や肉、作り置きのハンバーグなどが、袋に名前を書いて丁寧に保存されている。


アルモンデ弁当を作る愛可さん:
アルモンデにすることでコスト的にもメリットがあると思うので、うちでは欠かせないです。


埼玉県に住む横山恵さんも、子供のお弁当も作るため、普段からよくアルモンデを作っているという。


冷蔵庫を見せてもらうと、中は作り置きの料理などがぎっしり。

埼玉県在住 横山恵さん:
作ったものは密閉保存容器に入れて、わかりやすいように分けています。
買い物に行くと以前より値段が上がっているのが気になるので、あるものとか代用できるものは買わずに、それを生かす。


この日の夕食は?

埼玉県在住 横山恵さん:
きょうははんぺんと木綿豆腐があったので、お肉を使わないつくねを作っていきたいと思います。


普段はひき肉を使ったつくねを作るが、この日は、豆腐とはんぺんを混ぜ合わせ、そこにダイコンの葉と、タマネギを加えて、焼き上げる。
まさに その日あるもので作ったお肉を使わない「つくね風アルモンデ」が完成!


横山さん初挑戦の料理で、初めて家族にふるまう。
育ち盛りの息子、然くん(14)の反応は?

息子・然くん(14):
食感がなんかいい。

埼玉県在住 横山恵さん:
肉が入っていないって気づいた?

息子・然くん(14):
うん。おいしい。

ひき肉が使われていないことには気づいたが、おいしく食べてくれた様子。


息子・然くん(14):
豆腐とかはんぺんを使っているからだと思うんですけど、食感がよくて、弁当に入れてほしいなと思いました。

埼玉県在住 横山恵さん:
家にあるもので、すぐできるから時間の節約にもなるし、食材も無駄にしない。料理をするのがどんどん楽しくなりますね、次はどうしようかなって考えながらやるから。まさに一石三鳥ですね。

(「めざましテレビ」1月17日放送分より)

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース