男女間のトラブルを警察に相談 博多駅前刺殺 被害女性は38歳

社会


福岡市の博多駅近くで起きた刺殺事件で、殺害されたのは、38歳の女性と判明した。

警察は、この女性から事件前に、男女間のトラブルの相談を繰り返し受けていたことを明らかにした。

警察によると、16日午後6時過ぎ、博多駅近くの路上で、那珂川市の会社員・川野美樹さんが、男に刃物で何度も上半身を刺され、死亡した。

目撃した男性によると、男は犯行後、あわてる様子もなく、歩いて逃げたという。

事件の目撃者「男が乗っかかるようにして、何かを振り下ろしているというか」、「(いわゆる馬乗り?)そうですね」、「(何回ぐらい振り下ろしていた?)相当回数」

事件直前、川野さんと男は一緒に歩いていて、知人関係だとみられる。

川野さんは事件前、県内の警察署に、男女間のトラブルを繰り返し相談していて、警察は、このトラブルの相手が、何らかの事情を知っているとみて捜査している。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 福岡県