【速報】経団連 積極的賃上げ呼びかけ 報告書に「物価高を考慮」

経済・ビジネス


経団連は、2023年の春闘に向けて経営側の指針となる報告書を発表し、企業に物価高を考慮した積極的な賃上げを呼びかけた。

経団連が発表した報告書では、世界経済の減速を見込む一方で、日本経済は回復すると予測していて、企業業績は全体として好調に推移していると指摘した。

そのうえで、2023年の春闘に向けては、「物価動向を特に重視し、企業の社会的責務として、賃上げへの積極的な対応をするよう呼びかけていく」と強調している。

賃上げの水準については、業種や企業ごとに状況が大きく異なるとしたうえで、連合が5%程度と掲げる賃上げ目標については「慎重な検討が必要」としている。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース