総人口が61年ぶりに減少 “世界最多”から陥落か

国際・海外


中国の2022年末の人口が、61年ぶりに減少に転じた。

中国国家統計局は17日、中国本土の人口が、2022年末の時点で14億1,175万人となり、前の年に比べて、85万人減ったと発表した。

人口が減少に転じるのは、穀物と鉄鋼製品の増産を行った「大躍進」運動が失敗し、多数の餓死者が出た、1961年以来61年ぶり。

また、2022年の出生数は106万人減って956万人となり、2年連続で建国以来、最も少なくなった。

国連の予測では、2023年にインドが中国を抜いて、世界で最も人口が多い国になる見通し。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア