南ア逃亡の男 殺人罪を否認 2003年遺体切断事件 初公判

社会


2003年に東京・奥多摩町で男性の切断された遺体が見つかった事件で、南アフリカに逃亡し、17年後に逮捕・起訴された男は、初公判で殺人罪を否認した。

紙谷惣被告(48)は2003年、仲間とともに山梨県内で古川信也さん(当時26)の首を絞めて殺害し、切断した遺体を奥多摩町の山中などに遺棄した罪などに問われている。

17日の初公判で紙谷被告は、遺体を切断し遺棄した罪などについては認めたが、殺人罪については「殺すつもりはなかった」と否認した。

検察は冒頭陳述で、紙谷被告が「殺害時に体を押さえるなどした」と指摘した。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都