ロシアとベラルーシが合同軍事演習 ウクライナでは市民から不安の声

国際・海外


ロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習が始まり、ウクライナ国民はベラルーシの参戦に不安をにじませています。

16日に始まった合同軍事演習はロシアがウクライナに侵攻する直前の去年2月以来で、ベラルーシ国防省によりますと、航空部隊の戦術演習などを行うということです。

ベラルーシ側は演習を「防衛目的」だと強調していますが、ロシアの軍事侵攻にベラルーシが参戦する可能性もあり、隣国ウクライナの首都キーウでは「心配だ。誰もが2度目のキーウへの進軍を恐れている」などと不安の声が上がっています。

ロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習は来月1日までの予定です。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州