【独自】「スマホ」めぐりトラブルか 中学生の娘が母親を刺す

社会


静岡・牧之原市で、母親が刃物で刺され死亡した事件で、警察は、中学生の娘が殺害したとみて、くわしい状況を調べている。

牧之原署前から、テレビ静岡・福島流星記者が中継でお伝えする。

関係者によると、中学生の娘は、母親と「スマホの件で話し合っていた」などと話していて、スマートフォンをめぐるトラブルが、事件につながった可能性が浮上している。

16日午後11時50分ごろ、静岡・牧之原市の住宅で、40代の女性が倒れているのが見つかった。

女性には、刃物による複数の刺し傷があり、病院で死亡が確認された。

女性は、13歳の中学1年生の娘に刺されたとみられ、警察は、殺人事件として調べている。

刑法の規定で、14歳未満は刑事責任を問えず、警察は中学生を保護し、児童相談所と今後の対応について判断していくことになる。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 静岡県