逃走男 上半身を何度も刺し 博多駅前...被害女性は38歳

社会


福岡市のJR博多駅前で、女性が男に刃物のようなもので刺され、殺害された事件で、男は、17日午後4時50分現在も逃走している。

福岡市のJR博多駅前の現場から、テレビ西日本・鑓水航記者が中継でお伝えする。

16日午後6時過ぎ、福岡・那珂川市に住む会社員の川野美樹さん(38)が、男から上半身を何度も刃物で刺されるなどして死亡した。

川野さんは当時、現場近くの職場から帰宅途中だったとみられていて、川野さんを殺害した30代から50代とみられる男は、現在も逃走している。

捜査関係者によると、事件直前、川野さんと犯人の男は、一緒に歩く姿が目撃されていて、2人は知人関係だったとされている。

川野さんは数カ月前、「交際相手に別れを告げたのに何回も電話がかかってきて、職場で待ち伏せされている」などと、警察に複数回相談し、警察が、元交際相手に対して、口頭警告を出していたことが新たにわかった。

警察は、この元交際相手が、何らの事情を知っているとみて捜査している。

事件直後、警察の情報によると、博多駅方面に逃げたという話があった。

しかし、その後さまざまな目撃情報が寄せられ、別の方向に逃げたという話もあり、現在、情報が錯綜(さくそう)している。

男は、あわてることなく、歩いて立ち去ったという情報もあり、警察は周辺の防犯カメラを捜査するなどして、男の行方を追っている。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 福岡県