ロシア軍再侵攻か...広がる不安 続く停電に“日本製発電機”

国際・海外


ウクライナ東部の都市ドニプロ。
ベンチに花が手向けられ、多くの人が涙を流していた。

女性「この場所に誰がいてもおかしくない。大人でも子どもでも...」

ここは14日、ロシア軍のミサイル攻撃で破壊された集合住宅。

建物は真っ二つになり、住民が生き埋めになった。

救助作業は夜通し行われ、翌朝、1人の女性が助け出された。

この攻撃で、これまでに、子ども3人を含む40人が死亡。
今も25人の安否がわかっていない。

ウクライナでは今、さらなる攻撃への警戒感が高まっている。

2022年4月に首都キーウから撤退したロシア軍が、再び首都に侵攻する可能性が出てきた。

ロシア軍とベラルーシ軍は16日、合同軍事演習を始めた。

軍事侵攻が始まった2022年2月には、ベラルーシがロシア軍の拠点の1つとなったことから、キーウには不安が広がっている。

ウクライナ・キーウ市民「もちろん、とっても怖いです。2回目の侵攻を心配しています」

ロシア軍の攻撃で、日常生活も大きな打撃を受けている。

FNNの取材班は、キーウ近郊のかつて市民が虐殺された街・ブチャで、1組の家族を取材した。

案内された家は、5階。
毎日、階段で上り下りしているという。

ブチャでは2022年10月から続くインフラ施設への攻撃で毎日停電。

水道も止まり、蛇口をひねっても水は出ない。

女性「毎日停電しているのよ。電気がないと水も出ないし、暖房もない。ロシアでも同じようになればいいのに」

こうした不自由な生活を支えているのが、日本から送られた支援物資。

ブチャの街の停電している地域に運ばれてきたのは、日本製の発電機。

ブチャには2022年12月、日本から大型の発電機3台が提供され、この日は水道ポンプにつなげられた。

発電機を利用する住民「(日本から)発電機が届いて、ポンプにつなげてくれたから水が出ます。あなた方(日本)に、本当に感謝しています」

ブチャの日常を支える日本製の発電機。
残りの2台はボイラー施設で使われているという。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース