羽田空港近く東京湾に“トド” カメラを前に“睡眠” “群れ”とはぐれたか

社会


17日、カメラがとらえたのは、岸に横たわる茶色い生物。

取材班が、この茶色い生物を発見したのは、羽田空港近くの東京湾。

1月15日、友人とボートで釣りをしていた男性が、動画をSNS上に投稿し、話題になっていた。

目撃者「最初は驚きましたね。こんなのいるんだと思って見ていましたけど、2メートルくらいありましたね。かわいいなと思って撮っちゃいました」

この生物について、海洋生物にくわしい専門家は、トドではないかと指摘する。

鴨川シーワールド 海獣展示三課・加納幸司課長「トドの幼獣ではないかと思われます。大きさ的には、メスの成獣という可能性も否定できない」

毛や手足の短さなどから、トドの可能性が高いという。

取材班が撮影していると、口を大きく開けながら体をそらせて、背中をなめる様子が見られた。

愛くるしい表情で、気持ちよさそうに寝ているようだった。
あごを岸壁につけて、ほとんど動かない。

いったいどこからやってきたのだろうか。

鴨川シーワールド 海獣展示三課・加納幸司課長「ベーリング海といった北太平洋に生息しているんですが、11月から5月にかけて、北海道周辺までは回遊して、姿を見ることはできる」

もともといた群れからはぐれて、徐々に南下したのではないかとみられている。

東京湾では、2014年に千葉県の外房でトドのメスが発見され、保護されたことがあるものの、トドが東京湾にいることは、非常に珍しいことだという。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース