「最後のゴッドファーザー」逮捕 逃亡30年...恐怖で支配 イタリア

国際・海外


武装した軍事警察。
厳戒態勢が敷かれていたのは、イタリア・シチリア島の病院。

逮捕されたのは、ニット帽を目深にかぶり、色つきの眼鏡をかけた男。
マフィアの大ボス「最後のゴッドファーザー」といわれる、マテオ・メッシーナ・デナーロ容疑者(60)。

今から30年前に逃亡し、イタリアの最重要指名手配になっていた。

関与したとされるのは、マフィアの捜査を指揮する判事の殺害をはじめ、10人が死亡したフィレンツェなど3つの都市の爆破テロなど。

本人不在のまま、終身刑が言い渡されている。

デナーロ容疑者が逃亡している間に、当局は、所属する組織「コーザ・ノストラ」のボスたちを次々と逮捕。

そんな中、デナーロ容疑者は、影響力を維持し続けてきたとみられている。

現地のメディアによると、病院で、偽の名前でがんの治療を受けていたというデナーロ容疑者。

恐怖で支配していた大ボスの30年越しの逮捕に、市民からは当局を称賛する声が上がった。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州