“春節”に期待だが…深刻な人手不足や「XBB1.5」でインバウンド増に不安も【福岡発】

地域 経済・ビジネス 社会

水際対策の緩和で外国人観光客はコロナ禍前の状況に戻りつつある。中国の「春節」に期待が高まるが、一方では、深刻な人手不足や新たな変異株「XBB1.5」など問題も山積している。

“春節”行き先の予約件数、日本が3位に

日本の水際対策緩和から3カ月。福岡空港国際線には、韓国や東南アジアなどからの便が到着すると、続々と観光客などが降りて来ていた。

空港に続々到着する外国人観光客
空港に続々到着する外国人観光客

濱田洋平記者(2023年1月13日):
国際線の到着ロビーは、観光客などであふれかえっています

コロナ禍前の状況に戻りつつある外国人観光客。この勢いに拍車をかけそうなのが、中国の旧正月「春節」だ。

西日本新聞 中国総局・坂本信博総局長:
中国は、新型コロナについて、今まではペストとかと同じ、甲類という一番厳しい対策が必要な感染症に位置づけていたが、1月8日付でこれを乙に引き下げる。乙というのはインフルエンザと同じ


ゼロコロナ政策を終了し、1月8日から海外旅行を事実上、解禁した中国。1月21日から始まる春節の大型連休では、20億人規模の移動が見込まれる中、オンライン旅行大手によると、連休中の行き先の予約件数は、日本が3位にランクインしているという。


西日本新聞 中国総局・坂本信博総局長:
中国の一般市民の方は、すごく日本に好意的な人が多い。日本に行ってみたいとか、日本の製品とか、サービスとかに憧れを持っている方がたくさんいる。コロナが落ち着いたら、日本に旅行に行きたいという方は、私の身の回りにもたくさんいた

一方、福岡市のデパートでは、直近1カ月の外国人観光客の売り上げがコロナ禍前の6割程度まで回復した。春節でより多くの客が訪れるとみて、館内の外国語表記を増やし、新しくパンフレットを作成。各売り場では、中国人などインバウンドが好む商品の品ぞろえを強化している。


「博多大丸」広報担当・林宝楽さん:
お酒、高級フルーツ、化粧品の商品が多くなる。春節への期待度は、すごく高いですね。中国のお客さまは、ほかの国に比べますと一度に買われる量も多いので、たくさん来ていただければなと思っています


「爆買い」期待もバス会社では肝心の運転手が…

しかし「爆買い」と言われた中国人観光客の購買力に期待が高まる一方、問題も山積している。

「昴交通」統括運行管理者・頭謙造さん:
今バスは、ほぼ出ている。登録が18台で、稼働しているのが16台。残りは全部ナンバーを外しています


外国人観光客向けの車両を提供しているバス会社では以前、バス60台を保有していたが、コロナ禍で需要が激減し、半数を手放した。しかし、外国人観光客の需要が高まっているため、急きょ車両を整備し、稼働できるバスを増やす予定にしているが、肝心の運転手がいないのだ。


「昴交通」統括運行管理者・頭謙造さん:
今、安定した職業についている元ドライバーたちが、なかなか腰を上げてくれないのが現状。動かす乗務員がいないと、車がどれだけあっても一緒

インバウンドの団体ツアーを扱う福岡市の旅行会社では、中国がゼロコロナ政策を終了した1月8日以降、現地からの問い合わせが増えているという。

トラベルオンザロード・早田泰博所長:
中国のエージェントとか中国の旅行者の幹事からメール、あるいはウェブサイトを見てお問い合わせいただいている。日本への旅行は安いというのが、ひとつの大きな理由

現在、中国から福岡への直行便は再開していないが、春には福岡へやってくる中国人観光客が増えてくるとみられている。

トラベルオンザロード・早田泰博所長:
いずれ中国からの直行便は再開するとは聞いている。あと福岡だと、クルーズ船でお越しになる方がすごく多かったので、そこが戻れば、観光施設もすごく潤うのではないか


新たな変異株で感染再拡大も

しかし、不安が拭えないのが、新型コロナの感染拡大だ。
福岡市内のクリニックの駐車場は、午前9時の開院からまもなく、発熱外来を受診する人などの車で満車になっていた。この日、午前中に検査を受けた27人のうち、25人が新型コロナの陽性だった。


やまもとホームクリニック・山本希治院長:
8割方がコロナの陽性、あと残りはインフルエンザとか同時感染のフルロナとか

さらに今後、春節で人の往来が増えれば、感染拡大はまぬかれない。

やまもとホームクリニック・山本希治院長:
新たな変異株が出てきているということで、どこまでコロナへの対応でがんばれるのか、一番心配なところ


世界では今、アメリカを中心に日本など38カ国で新たな変異株「XBB1.5」が確認されている。
水際対策の緩和により、新たな脅威が来るおそれが高まる中、経済活動と感染対策のバランスをどう取っていくのか。国はしっかりとした指針を示す必要がある。

(テレビ西日本)

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース