新社名「レゾナック」 半導体・モビリティーに注力 総合化学「昭和電工」が社名変え

経済・ビジネス


次世代通信規格6Gの実現や、EV(電気自動車)の省エネ性能を高める「パワー半導体」の開発を開始する。

1908年(明治41年)創業の「昭和電工」は、これまでは石油化学などの事業を中心とした総合化学メーカーだが、その「昭和電工」が1月、「昭和」という名前を捨て、新会社「レゾナック」を発足した。

「レゾナック」は新たに複数の研究拠点を設立し、次世代通信規格6G向けの半導体や、EVの電力制御を行い省エネ性能を高める「パワー半導体」の開発を行う。

トヨタ自動車やソニーグループなど、国内大手8社が出資する「Rapidus」が、演算用の最先端ロジック半導体の国産化を目指している一方で、「レゾナック」は半導体のチップを基板と接続する「後工程」で使う素材において、世界シェア1位を誇っている。

レゾナック・高橋秀仁社長「世界トップの半導体関連材料メーカーとして、今後も後工程の技術革新をリードしていく」

レゾナックは半導体素材の研究・開発を通じ、「グローバル社会の持続可能な発展に貢献する」としている。

(FNNプライムオンライン1月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース