自民と維新 改憲など協力合意 来週から通常国会 野党共闘は

政治・外交


来週から始まる通常国会を前に、自民党と日本維新の会が、憲法改正などについて協力していくことを確認した。

自民・維新両党の幹事長らが17日、国会内で会談し、憲法改正やエネルギー政策など、幅広いテーマで協力していく方針を確認した。

また、維新が求める、国会の各委員会の委員長に対して、会期中に毎日6,000円を支給する手当の廃止など、国会改革に関しても両党で議論を進めることで一致した。

23日に召集される通常国会では、立憲民主党と日本維新の会が、「防衛増税」について反対することなどで合意していて、自民党としては、維新との連携強化を通じて野党共闘の動きにくさびを打つ狙いがあるとみられる。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース