市民が献花 ロシアで追悼の動き ウクライナ集合住宅 45人死亡

国際・海外


ウクライナ東部ドニプロで、集合住宅にミサイルが撃ち込まれたことを受け、ロシアで哀悼の意をささげる動きが広がっている。

モスクワの公園にある、ウクライナの著名な詩人、レーシャ・ウクライーンカの記念碑の台座には、数多くの花が手向けられている。

献花に訪れた人「(戦争は)ひどい。人は殺し合うのではなく、愛し合うべきだ」

14日、ロシア軍が、ウクライナ東部ドニプロの集合住宅にミサイルを撃ち込み、45人が死亡、25人が依然行方不明。

モスクワでは、戦争に反対する市民が哀悼の意をささげていて、プーチン政権によって押さえつけられた平和を求める声が再び高まりつつある。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州