菅前首相「増税突然だった」 岸田首相にまた“苦言”

政治・外交


自民党の菅前首相は、いわゆる「防衛増税」について、岸田首相の方針表明が「突然だった」と、重ねて苦言を呈した。

防衛費の増額にともない、増税を行う政府の方針について、菅氏は18日朝に出演したラジオ番組で、岸田首相の表明が「突然だった」として、「もう少し国民がわかるような説明が必要だ」と述べた。

菅氏は、防衛力強化の必要性を強調しつつ、財源については、増税の方針に先立ち、「行政改革で捻出できる額などを示すといった議論がなさすぎたのではないか」と指摘した。

菅氏は先週、派閥のトップを続ける岸田首相に疑問を呈していた。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース