「政治の三角関係」のウラ側 野党の“一致”は?

政治・外交


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

通常国会を前に、野党内で「三角関係」が生まれている。

立憲民主党と共産党は、通常国会で連携して「防衛増税」などを追及する方針で一致。

さらに立憲は、日本維新の会と国会内での「共闘」を確認した。

注目のウラ情報は、「一丸となれない野党の事情」。

野党としては、共闘して岸田内閣に対抗したいところだが、共産は、維新が防衛費増額を認めていることなどから、野党共闘には距離を置いていて、微妙な三角関係が生まれている。

さらに、自民と維新が連携を強化していて、状況はより複雑になっている。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース