“ガスバーナー”で金庫泥棒 「2人組の男」が建設会社に...窓焼き侵入から15分の犯行

社会


11日未明、茨城・龍ケ崎市にある建設会社の裏口に、2人組の男が現れた。

1人が持つかばんの中から出てきたのは、ガスバーナー。

もう1人の男に渡した、その時だった。
突然、炎が噴き出し、あたりを照らした。

すると、男がガスバーナーを窓に当て始めた。

これは“焼き破り”と呼ばれ、音が出ないように、窓ガラスに熱を加えて割る、空き巣犯の常とう手段の1つ。

窓ガラスを割った男は、柵をよじ登り、いとも簡単に会社に侵入してきた。

会社の事務所に侵入した2人組は、すぐに金目のものがないか、机の引き出しや棚を物色。

引き出しの中から見つけ出したのは、小型の金庫。
すぐに開けられなかったのか、金庫ごと盗み出していった。

侵入からおよそ15分、2人組の男は、裏口からあわてて逃走していった。

被害に遭った建設会社を訪れると、裏口の窓は、黒く焼け焦げ、無残な姿になっていた。

被害男性「夢じゃないかなくらいびっくりした」

盗まれた金庫の中には、会社の実印が入っていた。

被害額は、ガラスの修理代など、20万円にのぼるという。

さらに、2人組が1階の事務所で犯行中、被害男性の両親は2階の寝室で就寝していたという。

実はこの時、危険な事態が迫っていた。

自宅となっていた2階に上がった2人組の男は、リビングにあったズボンの中から、1万円の入った財布を盗んでいったという。

その時、ちょうど扉1枚隔てた寝室には、両親が寝ていた。

被害男性「鉢合わせしてたら、どうだったのかが一番怖い。(両親は)心臓がドキドキして、倒れるかと思うくらいびっくりしたみたい」

それもそのはず。
この事件の3日後、同じ龍ケ崎市では、3人組の男が住宅に侵入。

70代の夫婦を襲って、現金を奪う強盗事件が起きていた。

被害に遭った建設会社は、被害届を提出。

警察は、窃盗事件として捜査している。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 茨城県