“誕生日”でインスタ乗っ取りか 投稿から推測...60人以上被害

社会


視線を時折外しながら、警察署から現れた男。
60人以上の女性のインスタグラムのアカウントを乗っ取ったとみられている。

派遣社員として、スーパーのレジ打ちをしていた、茨城・牛久市に住む藤井健人容疑者(28)。

藤井容疑者は、20代の女性9人のインスタグラムのアカウントに、59回にわたり不正にログイン。
アカウントを乗っ取った疑いが持たれている。

その手口は、どのようなものだったのか。

藤井容疑者は、自分好みの女性のインスタグラムを見つけると、投稿された画像や文章を何日も観察。

そして、「友人から誕生日パーティーをしてもらいました」などの誕生日につながる投稿を探し出す。

すると、日付やアカウント名などから、女性の生年月日を割り出し、パスワードを探り当てたとみられる。

さらに藤井容疑者は、パスワードを勝手に変更して、女性がインスタグラムにログインできないようにしていたという。

被害は、これだけではない。

その後、藤井容疑者は、女性になりすまし、友人などに「アカウントが乗っ取られた」などとメッセージを送り、予定を聞き出そうとしたり、女性の私生活をのぞき見していたという。

被害に遭った9人の女性は、いずれもパスワードを誕生日にしていて、被害者の1人が「インスタグラムにログインできなくなった」などと、警視庁に相談したことで事件が発覚した。

街の人に話を聞くと、「どうしても(パスワードは)誕生日にしちゃいます。知らない間に乗っ取られるのは怖い」などといった声が聞かれた。

藤井容疑者の犯行の目的は、いったい何だったのか。

藤井容疑者は、「自分にコンプレックスがあり、キラキラしている“リア充”の女性に嫌がらせをしてやろうと思った。4年以上前から始めて、少なくとも60人以上の女性のアカウントを乗っ取り、のぞき見していた」と供述し、容疑を認めている。

警視庁は、藤井容疑者が無料通信アプリ「LINE」でも、不正にアクセスしていたとみて、調べを進めている。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 茨城県