グレタさん20歳 拘束される 炭鉱広げる工事に抗議中

国際・海外


警察と押し合う人々。
警察官が、警棒で相手の足を殴っている。

ドイツ西部の村では、炭鉱を広げる工事が進められていて、化石燃料の使用をさらに進める開発に抗議する人々と警察との間で、衝突が続いている。

騎馬隊を出動させて排除しようとする警察。

この衝突のあとに起きたのが...。

炭鉱に座り込む、デモの参加者たち。
その中に、20歳になったスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんの姿があった。

16歳の時に国連で演説を行い、世界的に有名になったグレタさん。
今回、およそ6,000人の人々とともに、デモに参加していた。

警察は、「炭鉱から立ち退くように」という警告を聞かなかったとして、デモ参加者の身柄を拘束。

グレタさんも、3人の警察官に抱えられ、連行された。

警察のバスの中で親指を立て、笑顔を見せるグレタさん。

その後、身元が確認されると、釈放されたという。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州