タイで石油積むタンカーが爆発 ごう音...なぜ停泊中に?

国際・海外


港に停泊している石油タンカーが突然、ごう音とともに爆発した。

タンカーの爆発は、タイの港で17日午前9時過ぎに発生した。

爆風とともに激しい炎が上がり、船の甲板が吹き飛ばされていた。

よく見ると、船には人の姿が。

近くにいた人は、爆発が起こると、あわてて反対方向へ避難した。

なぜ、停泊中のタンカーが、突然爆発したのだろうか。

当時、船には、3万リットルの重油と2,500リットルのディーゼルオイルが積まれていた。

船体の修理のため、溶接作業をしていたところ、その火がオイルに引火して、爆発したとみられている。

現地メディアによると、船には16人の船員が乗っていて、爆発で少なくとも3人が死亡。

5人が、行方不明になっているという。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア