またダイオウイカを撮影 富山湾はなぜ特別なのか

社会


海面近くで泳ぐ赤い姿は、ダイオウイカ。

現れたのは、富山市の漁港。
波に揺られながら浮いたり、ボートのすぐ横で、ひれを動かしたりしている。

撮影者「深海の生物なので、本来見ることはないはずなのに、漁港の船が泊まっているところだったから、びっくりした」

このところ、兵庫県などで目撃情報が相次いで寄せられている、ダイオウイカ。

しかし、専門家によると、生きた状態で最もよく見つかるのは富山湾だという。

2015年には、日本で発見されたおよそ30匹のうち、3分の1にあたる10匹が富山湾で発見されている。

その理由は...。

日本いか連合研究者・笘野哲史博士「岸から海に向かって急激に深くなる構造をしている。ダイオウイカが、間違えて浅瀬の方に迷い込んで来やすい。深海のつもりで泳いでいたら、いつの間にか浅瀬に来てしまった」

専門家によると、体長は通常およそ5メートル。

しかし今回発見されたものは、撮影者によると、1m50cmほどで、特に小さく、珍しいそう。

このダイオウイカは、撮影されてからしばらくすると、沖の方へ帰っていったという。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 富山県