日銀 金融緩和策の維持を決定 「企業が賃上げできる環境を」

経済・ビジネス


日銀は、これまでの金融緩和策を維持することを決めた。

黒田総裁は、「企業が賃上げできる環境を整えることが重要だ」との認識を示した。

日銀は2022年12月、長期金利の上限を0.5%程度に引き上げ、事実上の利上げに踏み切ったが、18日までの会合で、長期金利の上限のさらなる引き上げは行わず、据え置くことを決定した。

日銀・黒田総裁「感染症の影響など、わが国経済をめぐる不確実性は極めて大きい状況にあります。現在は経済をしっかりと支え、企業が賃上げができる環境を整えることが重要」

市場では、日銀が本格的な利上げへの動きを強めるのではとの観測から、連日、長期金利は、日銀が上限とする0.5%を超える場面があったが、今回の決定を受けて、一時0.36%まで急低下した。

また、東京外国為替市場の円相場は、一時1ドル = 131円台まで2円以上急落し、この円安を好感して、日経平均株価は600円以上値上がりした。

一方、日銀は物価上昇率の見通しを、2022年度は3.0%、2024年度は1.8%と、それぞれ前回から引き上げたが、2023年度は1.6%に据え置いた。

黒田総裁は、目標とする賃金上昇をともなった2%の物価上昇を達成するには、「なお時間がかかる」との見方を示した。

(FNNプライムオンライン1月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース