“キャベツサイズのシュークリーム”爆誕 店主の遊び心とチャレンジ精神【三重発】

地域 旅と暮らし

三重県いなべ市に市民に評判の「キャベツのようなシュークリーム」がある。大きさは通常の約5倍で、普通のシュークリームと比べると大きさの違いは明らかだ。

巨大なシュークリームの由来はまさかの「直訳」

三重県いなべ市の洋菓子店「こんま亭」。


店内にはマスカットを使ったタルトや…。


スフレのチーズケーキなど、ショーケースの中にはおいしそうなケーキがたくさん並んでいる。


そして市民に評判だという「キャベツのようなシュークリーム」は…。

リポーター:
あ、これだ、シュークリーム。いなべの小キャベツ?これだ、いなべのキャベツ!大きい、本当にキャベツみたい


これが市民に愛されているシュークリーム「いなべのキャベツ」(900円)。


大きさは通常の約5倍、普通のシュークリームと比べると、明らかに大きさが違う。


なぜキャベツサイズにしたのか、店主に聞いてみた。

こんま亭の店主:
シュークリームのシューが、フランス語で「キャベツ」っていう意味なので、それでキャベツ


店主:
やっぱりキャベツっていう名前なんで…普通のシュークリームは小さいじゃないですか。キャベツじゃないじゃないですか。せっかく「シュー」はキャベツということなんで、どこまでキャベツサイズにできるかって、ちょっと遊び心でチャレンジしたらこうなった

食べ方は、フォークで上からくずして食べるという。


サクッといい音を立ててシュー皮が崩れると、中からはクリームの甘い香りが漏れてきた。


リポーター:
最高ですね。クリームがものすごくなめらかです。おいしいです。つぶしてすぐなので、シュー皮もパリパリのままですし…かぶりつきたくなりますね

カスタードクリームをベースに、少し生クリームが加えている。


注文を受けてからクリームを詰めるため、パリパリの状態で食べることができる。


店主によると、5時間以内なら皮が湿気る前においしく食べられるという。


店主:
今日も上からつぶして食べていただいたように、ご家族とかでシュークリームを崩し合いながら、「ココ僕の陣地」とか子供たちが言いながら食べている姿って、想像するだけですごくステキで幸せな時間だなと思うんですよ。「いなべのキャベツ」を通して幸せな時間を提供できたら、菓子屋やっていて本当に良かったなと、そんなつもりで作りました


市民に愛される「キャベツのシュークリーム」には、店主の特別な思いがあった。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン1月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース