発見時はだて眼鏡で変装 博多女性刺殺 逮捕の男

社会


福岡市の博多駅近くで起きた女性殺害事件で、逮捕された元交際相手の男は発見時に、だて眼鏡を着用するなど、変装していたことがわかった。

福岡市博多区の飲食店従業員・寺内進容疑者(31)は16日、博多駅近くで川野美樹さん(38)を刃物で十数回刺して殺害した疑いで、18日に逮捕された。

捜査関係者によると、18日午前6時ごろ、「中洲付近で寺内容疑者を見かけた」という情報提供があり、見当たり捜査員が、およそ5時間半後に、自宅から900メートルほどの場所を1人で歩く寺内容疑者を見つけたという。

寺内容疑者は、だて眼鏡とマスクを着用し、フードをかぶっていたという。

発見現場付近にいた人「あとからも、どんどん来たので、(捜査員の人数は)最終的には15人くらい。物々しさが半端じゃなかった」

寺内容疑者は調べに対し、容疑を認めていて、捜査本部は潜伏先についても調べている。

(FNNプライムオンライン1月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 福岡県