【独自】深夜のコインランドリーで防犯カメラにスプレー噴射 黒ずくめの男 “300万円”被害

社会


事件が起きたのは、1月3日、神奈川県内のコインランドリー。

店内に入ってきた男は、防犯カメラに近づくと、赤いいすの上へ。
すると次の瞬間、カメラのレンズに向かってスプレーを吹きかけた。

レンズは、見る見る黒くなり、あっという間に真っ黒に。
何も見えなくなってしまった。

1台目のカメラに続き、そのまま、もう1台のカメラに向かうと、同様に黒いスプレーを噴射。

わずか5秒でカメラの視界は、真っ黒に塗りつぶされてしまった。

設置された防犯カメラを見てみると、スプレーのような跡が黒く残されてしまっていた。

決済に使う店内の機械を破壊し、中の現金を奪ったとみられる。

被害に遭った店舗の担当者「電動工具、カッターですね、電動の。それで機械を切り刻むような形で、こじ開けられた状況です」

真っ黒にされた店内のカメラに、犯行の様子は残っていなかった。

しかし、店の外に設置されていた3台目のカメラには、犯行の様子が残されていた。

3日午前2時、画面の奥から真っすぐ歩いてやって来た男は、右手にスプレー缶らしきものを持って接近し、やがてカメラに向かって噴射。

しかし、画面の左上は、わずかに見えたまま。

男が店内に入った直後、見張りとみられる人物を乗せた車が、駐車場へ。

およそ30分後、男が車に乗り込み、走り去っていった。

店の被害は、かなりの額になる見通し。

被害に遭った店舗の担当者「ざっくりで300万円超えるのではないか。本当100円の商売なので。そこで何百万円の被害というのは悔しいところ」

被害届の提出を受け、警察は、窃盗事件として捜査。

1月に入り、周辺では、無人のコインランドリーが荒らされる窃盗事件が2件発生していて、警察は関連を調べている。

(FNNプライムオンライン1月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース