12歳 サメを釣り上げる まさかの獲物に専門家が アメリカ

国際・海外


手繰り寄せられるサメ。
釣りざおを握っているのは、黄色いシャツの少年。

アメリカ・フロリダ州で釣りをしていたキャンベル君(12)。

思いがけない獲物に、手伝っていた釣りのプロも思わず、「20年やってるけど、こんなの初めてだ!」と話していた。

格闘すること45分。
釣り上げたサメはメスで、体長3メートル以上、重さはおよそ200kgもあったという。

12歳の快挙に、キャンベル君は...。

キャンベル君「引っ張られた時、“海に引きずり込まれる”って怖くなったよ」

そのすごさについて、専門家に聞いた。

「釣ファン」編集部・中嶋良一編集長「いわゆる『人食いザメ』といわれるホオジロザメ。200kg以上のサイズと聞いているので、大人でも難しい。電動でなく、手巻きで必死に巻いてるので、これはすごいことだと思う」

ボート会社によると、この地域でホオジロザメを釣り上げたのは、20年間で3例目だという。

(FNNプライムオンライン1月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国