高級ステーキ大量窃盗の瞬間 “マフラー男”袋をパンパンに

社会


年が明けた翌日の1月2日、大阪・豊中市にある無人販売店に現れた男は、グレーのコートを着て、首にはマフラーを巻いていた。

男は、有料の保冷バッグを手に取ると、冷凍ケースを開け、ローストビーフ7パックを、次々と中に入れ始めた。

しかし、入れすぎたのか、ローストビーフが、中からこぼれ落ちてしまった。

保冷バッグにこれ以上入らないと見るや、男は、店にあった箱を持ってきた。

すると、えびギョーザ4袋をつかみ取り、箱に投げ入れた。

続けて、チャーシュー3パック。
さらに、牛すじカレー10パック。

最後に、1本5,000円の高級食材・トマホークステーキを、2本追加した。

商品で山積みとなった箱を持つと、男は代金およそ4万6,000円を支払うことなく、店から出て行った。

さらに8日後、マフラー男は再び、店に現れた。

この日も、袋に商品を入れ続ける男。
袋がパンパンになっても、なお強引に商品を詰め込んでいった。

それでも満足しない男が狙ったのは、またしても、トマホークステーキ。
巨大な骨付き肉を、全部で5本も袋の中へ。

大量の商品を詰め込みすぎて、最後には袋の持ち手が破れてしまった。

男は、重たそうに袋を抱えながら、4万3,000円分の商品を盗み出した。

被害に遭った店を訪ねると...。

被害に遭った店の店長「こちらがトマホークステーキです。1本1kgあるので、それを5本持ち帰っているので大胆」

この店では、わずか1カ月で4回の窃盗被害に遭い、被害総額は12万円にのぼるという。

男は、店を出ると、駅や繁華街とは逆の方向へ逃げて行ったという。

被害に遭った店の店長「日に日に盗む量が増えて...。最後の4回目は、3袋に商品を詰め込んで堂々と帰った。非常に残念で仕方がない」

警察は、窃盗事件として捜査している。

(FNNプライムオンライン1月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府