おすすめは自家製「陣地ーズケーキ」 石田三成の陣跡・笹尾山眺めながらくつろげるカフェ【岐阜発】

地域 旅と暮らし

戦国時代末期に、「天下分け目」の戦いが繰り広げられた岐阜県関ケ原町には、歴史ロマンに触れられるグルメがある。

チーズケーキに旗を立て戦国武将気分に

石田三成の陣跡、笹尾山を眺めながらくつろぐことができる岐阜県関ケ原町の「ココカフェ」。


おすすめは自家製の「陣地ーズケーキ」(350円)だ。


関ケ原で戦った武将の旗を選んで立てることができる。


チーズケーキは葵の御紋で徳川家康仕様を選択。しかし、コーヒーは「三成コーヒー」だ。


店主:
こちらの焙煎をしてもらっているところが、(石田)三成さんの地元(滋賀県)のコーヒー屋さんなので、三成コーヒーを出してらっしゃるんですけど

コーヒーは程よい苦みがあり、チーズケーキはあっさりとした味だ。


関ケ原産のブルーベリーのジャムがアクセントになっていた。


チーズケーキにはブルーベリーのほかにも、地元で採れた季節の果物のジャムを合わせるという。

関ケ原愛に溢れている店だ。

2022年10月27日
(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース