芥川賞“震災テーマ”佐藤厚志さんら2人に 直木賞も2人受賞

社会


第168回の芥川賞・直木賞が発表された。

芥川賞を受賞した佐藤厚志さん(40)は、宮城・仙台市在住の現役書店員。

芥川賞「荒地の家族」・佐藤厚志さん「仙台、地元がすごく盛り上がっていて、期待に応えられるか結構プレッシャーで、(受賞できて)本当に良かった。みんな喜んでいるんじゃないかな」

仙台市内の書店で働きながら、執筆活動を続ける佐藤さん。

受賞作の「荒地の家族」は、佐藤さんの親戚が住んでいた宮城・亘理町を舞台に、東日本大震災で被災した造園業の男性と家族の物語。

今回、初めての候補で受賞した。

芥川賞「荒地の家族」・佐藤厚志さん「震災がテーマの小説というのは、なかなか手を伸ばしづらいところはあると思うので、(芥川賞受賞で)忘れられるということに、少しささやかな抵抗になれば、結果的にいいかなと思う」

また、同じく初めての候補で芥川賞を受賞した、井戸川射子さん(35)の「この世の喜びよ」

ショッピングセンターの喪服売り場で働く女性を主人公に、生きる喜びを見つめる。

芥川賞「この世の喜びよ」・井戸川射子さん「今回の受賞が励みになるので、またうまく書いていこうと思う」

一方、直木賞には旧満州の架空の都市を舞台にした、小川哲さん(36)の「地図と拳」

戦国末期の石見銀山で山師に拾われた少女を描いた千早茜さん(43)の「しろがねの葉」が選ばれた。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース